やっぱ飲食キツいわ

今日はジョギングはお休み。疲労の回復が追い付いてない感じがして今日のバイト先がクソ忙しかったのもあって流石に無理と判断。せっかく夜の賄い飯食わずにやり過ごしたんだがな。

ああ疲れた。今日も11時間労働。準社員ならではだね☆今週は明日で5連勤終了。そのうち3日は10時間越えのシフト入り。

しかし正社員になると週6で12時間労働になるのだから凄まじい。しかもその休日も出勤で潰れたりで1か月休み無いとかもよくあるというね…。

やっぱ飲食キツいわ。原因は何と言ってもアルバイトの質と多さだろうな。

(※ここから多分に偏見と妄想が入っています)

バイト収入で生活掛かっている人は真面目に働き辞めにくいのだが、時給が安いのでそういう人はパチ屋だったり工場とかに行くだろう。

となると入ってくるのは小遣い稼ぎのガキんちょやパート主婦が主となる。

彼らは別にバイト辞めても死にはしないので、仕事が適当だったり不満が溜まるとすぐに辞めてしまう傾向がある。

なので、仕事の忙しさや人間関係のこじれなどで店側の雰囲気が悪くなるとぽろぽろ辞める人が続出してあっという間に人手不足になる。その状況をカバーしようと残りの従業員が無理をして余計雰囲気が悪化。不満が溜まり辞める人が出る、の悪循環になり社員にすべて負担がのしかかるのである。

人手が十分余裕があっても店長が入れ替わってから雰囲気が一変、特定のバイトの子だけが贔屓されたのが原因でバイト同士で対立、結果集団で辞めて営業体制が瓦解したなんて話も聞いた。○○さんが辞めるなら私も辞める、ってレベルだろそれ。

やはり時給の高さがものを言うのだろう。低ければ所詮小遣い稼ぎの軽い奴しか入ってこねーよって話で、真面目に必死に働く人が欲しければ時給を盛るべきだし、それが出来なければキッチリ面倒見るべきだな、と思う。

当然店側はそう易々と時給を上げるわけにはいかず、社員が辞めないようにバイト一人ひとり面倒見をさせられるわけだが。

バイト同士のいざこざに立ち会ったり急にシフトに出られないときのフォローとかせねばならず、場合によっては社員に従順なバイトの子にそういう事を押し付ける(俗にいうバイトリーダー)なんてことも。

ただでさえきつい店の業務に加えてバイトの管理もして、週6、たまにある休日出勤とか飲食で正社員は私には無理だと思った。

広告