B級バックラー

それは、何でも仕事押し付けられた男の最期の反撃。

今日のバイト終了。今日も疲れた。バイト・パートの中で私が一番拘束時間が長いというね。昼から夜まで全部入ってる。多いときは12時間越えたりとか。さすがフリーター、シフトも好き放題入れられ、他の人の都合の埋め合わせもされてあっという間に主力ポジションに。頼まれ事を断れずに色々任されたら社員並みの仕事になってるでござる。私が帰ると出せなくなるメニューもあるしね。もうあたかも料理長の代わりとして勤めているよう。

ここでバックレかましたらB級バックラーとして、それなりに仕事体制に穴を空けられそうだ。

ま、バックレても代わりなんざいくらでも居るでしょう。社員になりたいわけでもなくクソ安い時給でわざわざ一日を潰すようなクソフリーターがね。でも少なくとも私のバイト先に応募してくる中でそういう人は見なかった。

うちの地元工場が多いから稼ぎたいなら皆そっちに行くわな。飲食は女目当てだったら良いかもだけど、私はその辺もう興味沸かないしね。

そう考えると私は何故こんなところに居るんだろう…。

広告