独り言が多い

小さい頃から独り言が多いと色んな人から言われる。

今日バイト先でその事を茶化された。

「お前霊感あるの?しょっちゅう誰かと話してるみたいだけどw」

取り敢えず適当に流しておいた。んでこんな感じに指摘されると意識して独り言を言わないようにしているのが、時間が経つと忘れて無意識のうちに口に出すようになる。物心ついた頃からこんなことが数え切れないほどあった。

独り言というのが仕事中を例に出すと、何か探し物をしてるときに「あれ?ここにいつもなかったっけ?無いじゃん」とか「今何しようとしてたっけ?忘れたし」って感じ。脳内で思ったことが無意識に口にする。
一番独り言が多いのは家でネット見ているときだな。書かれている主張に対して賛同反論するときに口に出る。
流石に氏にたいとか穀してくれとかは言わないが。

独り言が多いのは何でなんだろうね?
何と言うか、小さい子供がひとり遊びしてると自分の世界に浸ってるのか独り言喋ってる、あの様子をそのまま大人になっても引き摺ってる感じ。

長らくぼっちで居続けると独り言が増えるのか。誰かと話したいけれど話す相手が居ないから仮想の相手に話しかけているのか。あるいはコミュニケーション能力の低下を予防するための無意識によるものなのか。

やっぱり産まれたときに何らかの軽い障害でも抱えてたんじゃないかと思うわ。今はましになったけど小さい頃は異常に落ち着きが無かったし。

以前、母親が酔ったときに私が生まれる前に実は降ろそうと病院に行ったらしいが直前になってやめた、という話を聞いた。冗談混じりだったが果たして…

 

あの時に、ちゃんと下ろしていれば

広告